仙台・東北を拠点に活動する カメラマン&ライターです

報恩寺五百羅漢

ほうおんじ ごひゃくらかん

本仏は,報恩寺第17世曇樹和尚が大願主として施入したもので,最初500像納められましたが,現在は499像が現存しています。仏像は胎内銘によっ て,1731(享保16)年から1734(享保19)年の4年間に京都の大仏師法橋宗而重賢,駒野定英珍盈を主班とした,9人の仏師によってすべて京都で 作成されたことがわかります.仏像の台座はすべて箱形で,輸送に用いた箱を利用していることが,その裏側の文字により推定されます.
羅漢堂は,1735(享保20)年8月の棟札があり,羅漢像の完成によって造営されたと考えられます.本堂はその後,「上棟相済云々」の銘板による と,1850(嘉永3)年8月から1851(嘉永4年)年7月にかけて,地元の大工棟梁戸沢甚助以下20余名により改建されています.御影石の土台上に総 壁の方形造りの土蔵仕立てで,屋根は瓦葺とし,梁・柱・桁木等巨材を惜しみなく使用しています.礼壇上の天丼に狩野林泉筆といわれる見事な竜図が描かれて います.今は屋根が瓦,土間は敷き瓦ですが,もとは檜皮葺で三和たたきとし,土面を堂内巡りできるようにしてあったといわれています. 「ウェブもりお か」より引用

 

▲Back to Gallery