仙台・東北を拠点に活動する カメライターです

【灯台見聞録】入道崎灯台(秋田県男鹿市)

nyudo_01

日本の灯台50選にも選ばれた入道崎灯台。日本海に突き出した男鹿半島の突端にあり、いかにも岬の灯台といった風情を醸し出している。本来、験を担ぐ漁師には嫌われそうな気もしないが、白黒のストライプ模様が特徴的な灯台だ。明治31年初灯というから歴史はけっこう古い。
当時は六角形の鉄造灯台だったというが、昭和26年に改築されて現在のようなコンクリート製の灯台になった。

所在地秋田県男鹿市北浦入道埼字昆布浦
初点灯1898年(明治31年)11月8日
構 造白色、塔形(円形)、コンクリート造
高 さ地上〜頂部:27.92m、水面〜灯火:57m